赤ちゃんのよだれかぶれは早めに対策

ほっぺのかぶれがひどい!

かぶれ

赤ちゃんは生後3か月くらいから、よだれをだらだらと垂らすようになってきます。


まだ母乳やミルクしか口にしていないのでよだれによって汚れるようなことはないのですが、ほっぺなどにくっついたままにしておくと、結構すぐにかぶれなどを引き起こしてしまうのです。


私も最初の子の時は、赤ちゃんならよだれが口の周りにくっついていて当然といったイメージがあったのでそれほどこまめに拭いてあげなかったのですが、そのせいでガビガビになりそのうちに血がでるほどになってしまいました。


たかがよだれなんですが、ひどくなるとお医者さんにいてステロイドを処方してもらわないと治らなくなるので、できるだけ早めに対策してあげるようにして下さい。


かぶれてしまう原因は?

原因

大人の肌の場合、よだれでかぶれてしまうようなことってほとんど無いと思いますが、どうして赤ちゃんはかぶれてしまうのでしょうか?


適切な対策をするために、まずは原因をしっかりと把握しておくことが大切です。


では、さっそくかぶれの原因を挙げると


  • よだれが多いこと
  • 皮膚が薄いこと
  • 傷付けやすいこと

といったことが重なり合っているからなんです。


それぞれについて、もう少し詳しく見て見ましょう。


よだれが多い

よだれ

赤ちゃんは、大人に比べて唾液の分泌が盛んです。


子供は一般的に大人よりも唾液の分泌が多いのですが、赤ちゃんは単純にうまく飲み込むことができません。


ある程度の年齢になれば、よだれが口から外に出てしまいそうになれば反射的にすすったりするのですが、赤ちゃんにはまだそのような力はありませんね。


だから余計によだれが多く見えるのですね。


赤ちゃんのよだれが目立つようになる時期は個人差が大きく、早いと生後2か月くらいから徐々に増えて来て、だいたい1〜2歳くらいまでは続くといわれます。


そのため、生後3ヵ月前後になるとほっぺや顎などのかぶれが目立つようになってくるのです。


皮膚が薄い(弱い)

肌が弱い

赤ちゃんの肌は大人に比べて水分量が多くみずみずしくみえますが、大人の半分くらいの厚みしかないので、非常に傷つきやすく、刺激などを受けやすいのですね。


そのためによだれがいつまでも口の周りに付着していると、よだれに含まれる成分や母乳、またはミルクなどが刺激となって肌が荒れてしまうのです。


大人には全く問題ないようなものであっても赤ちゃんの肌にとっては刺激になることがあるので、たとえミルクやよだれであっても注意が必要です。


傷つきやすい

傷付きやすい

また長い間水分が口の周りに付着していると、肌がふやけてしまい余計傷つきやすくなってかぶれが悪化しやすくなります。


よだれによってかぶれてくると、当然赤ちゃんもかゆくて気になりますよね。


そうなると当然掻き毟ってしまったり、無意識のうちに爪が当たったりして傷をつけてしまうのです。


一回肌を傷付けてしまうと、通常以上に刺激に弱くなってしまうので、さらにかぶれやすくなり、かゆみや痛みを感じるのでまた掻き毟るという悪循環になってしまうのです。


すぐにやってあげたい対策について

対策方法

よだれによって肌のかぶれに気づいたら、できるだけ早く対策をしてあげることが大切です。


ではどのような対策が必要かというと、すごく当たり前のことなのですが、


  • こまめに拭いてあげる
  • お風呂できれいに洗ってあげる
  • しっかりと保湿をする

ということです。


1つ1つはごく当たり前のことなのですが、肌が敏感なので、拭いたり洗ったりするときも十分に配慮をしてあげることを忘れてはいけません。


こまめに拭いてあげる

拭く

赤ちゃんのよだれが出てきたときにかぶれを予防する、もしくはかぶれが出来ても悪化させないようにするためには、こまめにふき取ってあげることがまず第一です。


ただ、ふき取る時にいくつか気を付けなければならないことがあるのです。


まず使用するものは肌に刺激の少ないガーゼがいいですね。


ガーゼは清潔なものを使用するのは当然ですが、それだけでなく大人の服に使用する柔軟剤などを用いて洗濯をしたものは、赤ちゃんにとって刺激となる可能性があるので避けた方がいいでしょう。


赤ちゃんに使用するものは赤ちゃん用の洗剤で洗濯したものを使うのが基本です。


また、ついティッシュなどを使いがちですが、ティッシュは結構ざらざらしたものも多いし繊維が肌に残ることもあるのであまり適していません。


ウェットティッシュはアルコール成分などが含まれたものもあるので、注意が必要です。


成分をよく見て、赤ちゃんの口周囲専用のものなら安心して利用できるでしょう。


ふき取り方は、押さえ拭きが基本です。


こすると摩擦が起こるため、かぶれにはよくありません。


そのために優しく抑えてよだれを吸収をさせるようにするといいでしょう。


お風呂でしっかりと洗ってあげる

洗う

これも当たり前ですが、かぶれている部分によだれの成分などが残っていると悪化してしまうので、できるだけ清潔にしてあげることが大切です。


かぶれたり傷ついた皮膚はそこからばい菌が入り、二次感染を引き起こすこともあります。


そのため、当然石鹸などを使って洗ってあげた方がいいのですが、刺激のある物は症状を悪化させる原因にもなるので、赤ちゃん用の低刺激のボディーソープを使用しましょう。


 >>赤ちゃんの顔を石鹸できれいにするための上手な洗い方


またかぶれがひどい場合はガーゼなどを用いず、しっかりと泡立てた状態で手が直接皮膚に触れないように泡で優しく洗ってあげるといいですね。


「擦らず優しく」が基本です。


もちろん、すすぎも泡が残らないように十分注意をしてくださいね。


洗った後はしっかり保湿

お風呂上りのケア

お風呂で洗浄してしっかり流してあげた後は、保湿をしましょう。


かぶれや掻き毟った肌は、皮膚のバリア機能が低下して水分が逃げやすくなっています。


そのため、放置していると乾燥が進み、さらに痒みなどを悪化させる原因になるので、お風呂上りにはしっかりと保湿をしてあげて下さい。


保湿をするときも石鹸と同じで、皮膚に刺激のない優しいものを選んであげて下さい


間違ってもママが使っているもので間に合わせたりしないようにしてくださいね。


以上のように、かぶれてしまった場合はとにかく症状を悪化させてしまわないように、拭く時や洗う時などに刺激をしない、肌に優しいものを使用する、そして保湿を欠かさないようにすることが大切です。


ちょっとしたかぶれでも放置しておくとすぐに掻き毟ったりして簡単に治らなくなってしまうので、早め早めの対策を心掛けてあげて下さい。