赤ちゃんの顔に石鹸を使う時の上手な洗い方

水洗いだけじゃダメ?

いつから

産後まもなく赤ちゃんの沐浴のやり方などを教えてもらった時は、基本的に顔はガーゼで拭くだけでいいって言われますよね。


でも、生後数ヵ月すると皮脂の分泌が多くなってくるため、脂漏性湿疹などの肌トラブルが増えてきます。


いったん湿疹などができてしまうと、赤ちゃんはつい掻き毟ったりしてしまうため、どんどんひどくなるという悪循環に陥ってしまうため、アトピーなどの理由が泣ければ石鹸で洗ってあげた方がいいのです。


でも、実際にやってみると赤ちゃんはパニックになって泣き出したりしてママも戸惑ってしまうものです。


そこで、石鹸を使った時の上手な顔の洗い方やすすぎ方を紹介していきます。


いつから顔に石鹸を使っていいの?

石鹸

赤ちゃんの肌はとても敏感だから、石鹸を使うとあんまりよくないんじゃないかと思ってしまう方もいるでしょう。


そのため、生後どのくらいから使っていいものなのか悩んでしまいますよね。


基本的に肌が弱いとか何かトラブルがあるようならばかかりつけのお医者さんに石鹸を使っていいのか相談してみればいいと思いますが、赤ちゃん用のものであれば使用しても特に問題ないでしょう。


多くの方が勘違いしているのですが、赤ちゃんは肌が敏感だからこそ汚れを不必要に残しておくとトラブルにつながりやすいのです。


赤ちゃんの肌は常によだれやミルクなどによって汚れたり、刺激を受けているため、皮脂の多い部分だけでなくほっぺやお口の周りなどもしっかりと汚れを落としてあげた方がいいのです。


顔を石鹸(泡)で洗う時の上手なやり方

洗い方

それでは赤ちゃんの顔を石鹸で洗う時のやり方を説明していきましょう。


まず抱っこの仕方です。お風呂の椅子に自分が座り、赤ちゃんを対面で抱っこします。


赤ちゃんの脚は広げ、自分の太ももの上に座らせるような姿勢をとります。


片手で赤ちゃんの首を支え、もう片方の手で洗います。この姿勢をとることによって自分も赤ちゃんも安定するので、洗いやすくなります。


洗顔は手で洗っていきます。手で洗うのが一番細かく洗えるのでおすすめです。


手を濡らし、手に泡タイプの石鹸を少量つけ、顔の広い部分、頬・おでこに泡をのせ、そのあと細かい部分に泡をのばしていきます。


このとき、目の周りは泡をつけません。目の周りは、汚れも付きにくく、皮脂分泌も少ないので石鹸をつけて洗う必要はありません。


同時に目に泡が入るのを防ぎます。


洗う際は、指2本くらいで、指の腹で優しく、小さな丸を書くように洗っていきます。


ガーゼなどを使った方がいいと思うかもしれませんが、ガーゼはどうしても皮膚をこすってしまうのに対して、手で洗った場合は手と赤ちゃんの顔の間に泡が介在することによって刺激が少なくて済むのです。


だから使用する赤ちゃん用の石鹸はよく泡立てて使ったり、ポンプタイプで泡が出てくるものをケチらずにたくさん使うのがポイントです。


全体に泡が行き届いたくらいで洗顔は十分です。洗いすぎは、乾燥や肌荒れの原因になるので、注意しましょう。


泡の上手な流し方は?

流し方

続いて泡の流し方ですが、流す時に大事なのはとにかく泡が残ら無いようにすることです。


泡が残ってしまうと、それだけでも新たな肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるので十分注意して流してあげましょう。


やり方としは、本当は弱めのシャワーを顔全体にかけてしまうのが手っ取り早いし、しっかりと泡を落とせるのでベストな方法でしょう。


でも、やっぱり泣かれるとかわいそうな気がして抵抗がありますよね。


そこで、ガーゼを使ったやり方を紹介します。


事前に洗面器にお湯を張っておいて、洗顔し終わったら洗面器に張ったお湯でガーゼを濡らし、硬めに絞ります。


そして、おでこの中心から外側に向けて、目に入らないように注意しながら泡をふき取っていきます。


とにかく力を入れないようにして、肌への刺激を軽減することを意識して下さい。


1回拭くたびに洗面器でガーゼを濯いでかるく絞ります。


顔の泡がだんだん無くなってきたら、ガーゼをしっかりと濯いでお湯を含ませてガーゼを絞ってお湯をかけるように拭いていきます。


手で直接お湯をかけるとかけると、うまく狙ったところに行かないしかけ過ぎて目に入ったりしてしまうので、ガーゼに含ませて流したいところだけにお湯をかけます。


このやり方なら水がかかる勢いも弱いので、赤ちゃんもびっくりすることがありません。


顔のぬるぬるが取れるまで繰り返しましょう。


大体流れたと思ったら、最後に目の周りをガーゼで優しくなでるように拭いて終わりです。


泡で顔を洗った時は一時的に皮脂が少なくなって乾燥しやすい状態なので、お風呂上りはできるだけ早く保湿をしてあげましょう。


もちろん、保湿剤も赤ちゃんの肌にも使える優しいものを選んであげて下さいね。