乾燥肌の赤ちゃんに!おすすめの無添加スキンケア!

ほっぺがガサガサに

泣く

私は最初の子を産んだのが8月でした。


赤ちゃんの乾燥肌に気付いたのは、生後4カ月を過ぎて季節が秋から冬に移り変わる頃だったと思います。


症状としては、ほっぺがうっすらと赤くなり、いつもプルプルしていた肌が、お餅が乾燥してひび割れしている状態の様にカサカサ肌になっていました。


特に赤ちゃん自身にかゆみなどは感じていなかった様で、かきむしる様な事は全くありませんでしたが、何気なく、日中に部屋の中で赤ちゃんとじゃれている時に、ほっぺを触って気付きました。


初めての子供なので、何事も初めての事ばかりなので、最初に乾燥肌に気付いた時には「ごめん。ママちゃんとケアしてあげれていなかったね。」と、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。


大人ならたいしたことのなような肌の乾燥でも、赤ちゃんの場合は傷付けて跡になってしまったりする可能性があるので、できるだけ早く気づいてあげて、適切なケアをしてあげて下さい。

乾燥肌というのは刺激に弱い状態

乾燥肌について

大人でも赤ちゃんでも基本的に同じですが、乾燥肌というのは一時的に水分が不足しているというよりは、水分を保持するための油分が少なくなっている状態です。


本来、私たちの肌は水分と油分がうまくバランスを取ることによって、水分を油分が囲むような形で潤いを保ち、さらに油分によって外側から水分などが侵入できないようにバリアとしての働きもしているのです。


そのため水分が逃げやすい状態、つまり必要な油分が不足している乾燥肌というは刺激にも弱くなっているのです。


乾燥した肌は刺激に弱いということを知らないと、ただでさえ皮膚の弱い赤ちゃんの肌に適していない保湿剤を使用してしまい、結果、かぶれたり炎症を起こしたりして症状を悪化させてしまうことがあるのです。


よって、保湿をするときは肌へのやさしさを十分に考えたものを選ぶ必要があることを忘れないでください。


肌に優しい天然由来成分の保湿剤

天然由来

もともと私自身が全身乾燥肌の持ち主なので、肌が乾燥してきた時の対策は心得ていたので、それを赤ちゃんにも実践する様な形でいました。


まずは、部屋に置いてある温度計と湿度計を確認をして、湿度が50%以下ならば加湿器をつけて、部屋中を十分な加湿をする事にしました。


それに加え、乾燥している赤ちゃんのほっぺに保湿クリームを塗りました。


使用した保湿クリームは、これからママになる人のための雑誌などで特集させるベビースキンケアなどで話題になっていたアロベビーというブランドで100%天然由来成分で無添加が売りのものでした。


友達の子がアトピー体質にも関わらず使っても大丈夫だったと言っていたので、品質は間違いないと思っていたものでした。


そのクリームは赤ちゃんのために開発された保湿クリームで、かなり厳しい認可を受けているということで安心して赤ちゃんにも使用できるとも思っていて、新生児の事からお風呂上がりと、朝起きた時に塗っていました。


特に肌荒れも見られなかったのでずっと使ってはいましたが、乾燥時期にはこまめに塗ってあげる事も大事だと思い、日中も塗る様にしました。


こまめな保湿でもとの綺麗な肌に

綺麗な肌

毎日、部屋の湿度には気を付けて加湿をして、こまめに赤ちゃんに保湿クリームを塗ってあげる日々を続けていたら、それからというもの、全く赤ちゃんのほっぺたはカサカサする事無く、生まれた時から変わらないプルプル肌になりました。


実際に行っていた期間は、初めて乾燥に気付いた12月ごろから春になり暖かい気候になった4月ごろまで続けていました


赤ちゃんの肌は、大人よりも敏感という事は皮膚科の先生にも教えてもらったので、自分の乾燥肌のケア以上に気を使ってあげようと思いました。


家にいる時だけではなく、外出先でももちろん乾燥する事もあるので、保湿クリームは常に持ち歩く習慣をつけ、ケアしてあげるようにしました。


これらからもあまり季節や気温などを過信しないで、常に乾燥しているかどうかを確認してしっかりと保湿ケアをしてあげようと思っています。