赤ちゃんの保湿はいつから?

できるだけ早く保湿をしてあげましょう!

赤ちゃん

生まれたての赤ちゃんの肌って、大人のように保湿をするべきなのか悩んでしまう方も多いと思います。

一般的に赤ちゃん肌というと、きれいで潤いのある肌のことを指しますが、実際の赤ちゃんの肌ってとても乾燥しやすいのをご存知ですか?


ママになるまで意外と知らない方も多いのですが、赤ちゃんの肌は敏感で、特に生後間もない頃ほど皮膚がまだしっかりと出来上がっていないのでトラブルが絶えません。


赤ちゃんの肌トラブルに悩むママは多いと思いますが、生後数ヶ月が過ぎると悩まされるのが乾燥肌です。


赤ちゃんの肌が乾燥しやすいのは


赤ちゃんの肌は大人に比べてとても薄いために水分が逃げやすい

という特徴があるからなのです。


これが赤ちゃんが乾燥肌になりやすい原因で、赤ちゃんの肌ってみずみずしいっていうイメージと実際はだいぶ異なっているんです。


このような肌の未熟さをカバーするためにも、しっかりと早い段階で保湿をしてあげることが大切なのです。


赤ちゃんは皮膚がとても薄い!

赤ちゃんの肌

赤ちゃんの肌って、イメージとしては真っ白でくすみが無くて透き通るように綺麗な肌という感じですよね。


実際に透き通るようなお肌なのですが、その理由は赤ちゃんの皮膚はとても薄いからなのです。


大人の皮膚に比べて赤ちゃんの皮膚は大人の半分の厚さしかないと言われています。


ここで言う皮膚というのは、お肌の表面にある角質層のことなのですが、この角質層がお肌のきれいさや丈夫さに大きな影響を及ぼします。


若い頃にお肌がきれいで透き通っているのは、肌の新陳代謝が良いため、新しい角質が作られて古くなった角質層が剥がれ落ちるということが活発に行われているからなのです。


それが年齢とともに新陳代謝が衰えて、古い角質が溜まって毛穴の詰まりや肌のくすみなどが目立ち始めるのです。


しかもこの角質層は、お肌の内部にある水分を保持する働き、さらには外部からの刺激を緩和する働きがあるため、若い頃ほどみずみずしくてトラブルの起きにくいお肌なのです。


でも、赤ちゃんの場合は一見くすみのない綺麗なお肌に見えても、角質層がとても薄いので大人に比べて外部からの刺激に弱く、水分が逃げやすい皮膚なのです。


だからすぐにカサカサになってしまうし、かゆくなってかき始めて傷になるとなかなか治らないし、保湿ケアをするにしても大人以上に肌への刺激のあるものを避ける必要があるのです。


生後3ヵ月は皮脂が多いので潤っているように見えてしまう

潤っているように見える

赤ちゃんの肌にはそれほど保湿は必要ないんじゃないかと思っている方もいるようですが、生後間もない頃は皮脂の分泌がとても盛んなため、常にお肌は潤っているように見えるものです。


実際、皮脂が多いためにおでこなどにぶつぶつが出来るのはしょっちゅうで、汗もたくさんかくので逆に保湿をしない方がいいのかな?と思ってしまうほどです。


でも、皮脂が多いからと言って皮膚が乾燥していないということはなくて、さきほども言った通り皮膚が薄いために乾燥しやすい肌なのです。


皮脂が多いから保湿はいらないと考えるのではなくて、余分な皮脂は肌トラブルの原因になるためしっかりときれいに洗ってあげること、そして洗った後はお肌を保護するためにしっかりと保湿をしてあげることが大切なのです。


また、さらにやっかいなのは脂性と言われる時期は生後3〜4ヶ月までで、その後は皮脂量がどんどん減っていくことです。


このような肌質の変化があるため、生後は皮脂が多いからとあまり保湿をしないでいると、いつの間にか皮脂も落ち着いてきた時に一段とひどい乾燥肌になってしまうこともあるので注意が必要です。


さらに、皮脂の多い生後3ヵ月頃までの間であっても、実際に皮脂の分泌が多くなるのはおでこや頭皮などの一部分だけで、ほっぺや体の他の部位は乾燥していることが多いのです。


ついつい目立ちやすい顔の状態だけで保湿する必要があるかどうかを考えてしまいがちですが、体全身をしっかと保湿して健康な肌を維持してあげることが大切です。


まとめ

以上のように、赤ちゃんの肌はとても薄いので、乾燥しやすく刺激に弱いという特徴があるため、


  • できるだけ早い段階からしっかりと保湿をしてあげること
  • 皮膚への刺激が少ない保湿剤を使ってあげること

を意識して、しっかりとスキンケアをしてあげて下さい。


お風呂上りに全身ケアをするのはすごく大変なんですけど、お肌の弱い子は掻き毟ってしまって何年も跡が残ったりしてしまいます。


完璧じゃなく短時間で終わらせてもいいので、とにかくこまめに保湿をしてあげるようにすることが、肌トラブルを未然に防ぐためには大事であることを覚えておいて下さい。